春夏秋メニュー

●長袖、長ズボン・・・島内にはウルシが多いです。かぶれ予防のためになるべく肌を露出しないように。 

●はきなれた運動靴、又は、トレッキングシューズ

●帽子、手袋(軍手)

●雨ガッパ・・・小雨決行致しますので、上下別になった物。ゴアテックス素材がベスト

●日焼け止め・・・紫外線の強い島です。肌を露出している部分は、すぐに日焼けしてしまいます。

●飲み物、タオル、おやつ、お弁当、カメラなど・・・適宜必要なもの。特に飲み物は、コース内で購入できる場所は限られます。

<あると便利なグッズ>

●帽子止めクリップ・・・風が強い島です。トレッキングコースは国立公園内ですので、お花畑に帽子が飛ばされても、取りに行くことはできません。

●双眼鏡

●図鑑

●ストック(お待ちでない方は無料でレンタルいたします)

※シーズン通じて風が強く、飛ばされて危険ですので、傘のご使用はご遠慮下さい。

冬メニュー

●防寒着・・・スキーウェアなど、あたたかく雪遊びができる格好で。

●帽子、手袋、ゴーグル(なければサングラス)・・・帽子は耳を隠せる物がベスト。
 
●スノーブーツ、又は冬用長靴(ご用意のない方は冬用長靴を無料でレンタルいたします)

●スノーシュー (お持ちでない方は無料でレンタルいたします)

礼文島自然ガイド

       かがわあけみ

代表 鹿川明美

〒097-1111 
   北海道礼文郡礼文町大字船泊村字ヲションナイ304-1

     Tel : 090-7048-9261(鹿川)

​     fax ​: 0163-87-3054

Facebook ​: 礼文島ファンのための写真日記
   ブログ 
​: 花の礼文島だより

かがわ